一般的な管理会社と違う「栄不動産の入居者募集」

当社は自社の仲介店舗を持たず、募集物件の周辺にある仲介会社(店舗)様との関係を最大限に活かした

入居者募集方法を行っております。

「栄不動産の入居者募集」 3つの違い


1.地元の不動産業者への情報公開が違う

一般的な管理会社と栄不動産の入居者募集方法の違い

 

 

右の図は一般的な管理会社と

当社の募集方法との違いです。

 

 

 

 

一般的な管理会社では契約1件あたりの利益を大きくするため、自社での客付にこだわり募集窓口が限られている例が多いようですが、当社の管理システムは仲介会社様への客付依頼にて幅広く情報を提供し募集を行うことにより高い入居率を維持しております。  

 

 

情報を広く公開し多くの仲介会社様に広告活動を行っていただくことで、より多くの入居希望者に空室の情報が届くことが成約への近道と考えています。

 

昨今の賃貸物件探しはインターネットで情報を得るところから始まります。

不動産会社を訪問して物件を探す時代からインターネットで部屋を探す時代に変わっているのですから、募集の方法もそれに対応できるやり方に変えていかなければ成約率は上がりません。 

2.仲介会社への協力体制が違う

当社は募集がスタートするとレインズへの物件登録・仲介会社様への訪問による物件紹介・メールによる図面の配信・FAXによる図面の送信・広告で使用する物件写真の提供を行います。

 

繁忙期には仲介会社様の営業マンはとても忙しく物件を下見する時間がないため広告で使用する物件写真の提供はとても好評です。

 

より多くのお客様に物件を紹介してもらえるよう仲介会社様の営業をサポートする体制を整えています。

3.広告料の使い方が違う

広告料の支払いが一般化しているエリアでは物件の競争力を上げるためオーナー様に広告料のお支払いをお願いしています。広告料は当社の収益とはせず全額を入居者を探してくれた仲介会社のインセンティブとしています。

 

仲介会社の営業マンは入居者からの仲介手数料にプラスして広告料がもらえることにより積極的に当社の管理物件を紹介してくれるようになります。見学者が増えれば成約率は向上します。

 

 


【Q.なぜ一般的な管理会社は自社での客付にこだわるのか?】

それは宅建業法の仲介手数料の規定に原因があります。賃貸の仲介の場合、1回の契約で不動産会社が

受取ることができる手数料は賃料の1か月分と決まっています。

仲介会社が2社契約に係わってしまうと1か月分の賃料を分け合うことになります。

 

この手数料のシステムが1回の契約での利益率のために自社での客付を優先し他の会社には情報を公開しないという管理会社を増やし成約率を下げてしまいます。


入居者募集や空室対策について

まずはネットで無料相談&無料診断