適正賃料で貸していますか?


空室が続くなら賃料の再査定を

アパートと家賃

賃貸募集はなるべく高い賃料で貸したいもの。

しかし、高い賃料で募集を続けても入居者が

決まらなければ家賃収入はゼロです。

 

空室を恐れるあまり相場よりも安い賃料で

入居者を募集してしまうことも。

 

賃料設定はバランスが難しいため正しく

査定をすることが必要です。

 

空室が続くようであれば一度、賃料査定を

やり直してみてはいかがでしょうか。


現在の賃貸市場は「借り手側」が強い傾向にあります。

今の時代はほとんどの入居希望者がインターネットで物件情報を検索します。

同じ地域の条件の似た物件を一括して検索した時に他の物件と比べて家賃が高い物件は候補から外されていってしまうため借り手の希望に合わせて家賃を下げざるを得ない状況です。

 

家賃の算出方法はいくつかありますが、今の時代にあっている算出方法は近い過去の事例と査定物件の

条件を比較して家賃を算出する方法です。

 

栄不動産の賃料査定方法


栄不動産の適正賃料査定書

当社の査定方法は査定物件と事例物件との比較を30項目に

渡って比較し、評点化します。

事例物件の成約賃料との評点比較で査定賃料を算出する

方法です。

 

査定項目は

1.物件建物全体の評価(9項目)

2.間取室内設備(11項目)

3.立地・環境(6項目)

4.募集条件(4項目)の計30項目です。

 

事例物件を2件、3件と増やすことでより正確な査定を

行なうことができます。

 

空室にお困りのオーナー様、まずは募集している賃料が

適正なのか調べることから始めませんか?

 

建物の間取図・構造や設備が分かればすぐに査定ができます。

                   査定は無料で承っております。

まずはネットで無料の賃料査定