■不動産ニュース pick  up■ 賃貸オーナーの6割超が将来に不安

人口減少などの影響を受けて賃貸経営の未来は暗い?

大家さん向け専門の出版社である株式会社オーナーズ・スタイルは「大家さんが感じる賃貸経営の先行き感についてのアンケート調査」を実施しました。

 

すでに賃貸住宅を経営する大家さん達が実際に将来をどう思っているのか、「とても厳しくなる」と「少し厳しくなる」を合わせると、62.9%という結果に。6割を超える大家さんが賃貸経営の将来を「厳しいものになる」と見ています。

 

それだけには留まらず「なんらかの手を打つことで順調にできる」と答えた30.2%の方も、裏を返せば「手を打たなければ順調とはいかないだろう」考えていると読みとれます。

 

とすれば、9割を超える大家さんが「厳しい」と考えていると言ってよいのかもしれません。また、今の悩みや将来の不安は具体的に何か、という質問への回答では半数を超えたのが 「空室」60.4%と、「家賃の下落」55.5%でした。

 

これまで大家業は「不労所得の楽な商売」と思われがちでしたが、人口減少時代を迎えるに当たり今後は厳しい商売となることを多くの大家さん自身がすでに自覚していると言えそうです。