空室の原因にもなる賃貸物件の初期費用

賃貸物件のインターネット広告でこんな記載があるのを見たことはありませんか?

 

鍵交換費用 ○○○○円、消毒費用○○○○円、安心サポート費用○○○○円など。

鍵交換は鍵が交換されますが消毒費用は必要なのか部屋探しをしている人も考えてしまいます。

 

初期費用が高すぎると入居者の選択肢から外れてしまい空室が続く原因となってしまう可能性があります。

よく分からないものだと虫駆除代というものがあります。

お金を払って虫を駆除しなければいけない物件に住みたいと思うでしょうか?

 

通常、鍵を交換するだけで2万円はかかりません。

このような費用の多くは不動産会社が業者から手数料をもらうために入居者に負担させています。

 

初期費用として本当に必要なのは宅建業法の定める範囲の仲介手数料、敷金(退去時クリーニング費用)、保証会社利用の際の保証料、火災保険料くらいです。

 

余計な費用をかけすぎると部屋を探している人には敬遠される可能性があります。

誰でも無駄なお金は払いたくないものです。

 

繁忙期であったり人気のある物件なら礼金くらいはもらってもいいでしょう。

しかし、鍵交換は任意でいいと思いますし、原状回復をしてクリーニングをしている部屋に消毒をする必要などないでしょう。

 

管理会社の利益を無理に削ることはないと思いますが、管理会社の利益のために空室が続くのでは本末転倒です。

 

自分の物件によく分からない初期費用がたくさんかけられているのなら、それは空室の原因になっているのかもしれません。