定期借家契約のメリットとデメリット

最近、少しずつ増えてきた賃貸住宅の「定期借家契約」をご存知でしょうか?

実はオーナー・賃借人ともにメリットがある契約形態なのですが賃借人側のデメリットが目立ってしまうため利用されることが少ないのが現状です。

 

 

普通借家契約と定期借家契約の違い

普通借家契約と定期借家契約の違いを比較するとこのようになります。

定期借家契約は

①更新がない(双方合意のうえで再契約は可能)

②1年未満の短期契約が可能

③賃料の増減請求が可能

④借主からの中途解約に制限がある

 

この4点が特徴です。

 

この特徴が入居者に契約の更新ができない物件だと敬遠される理由になってしまっています。

 

オーナー側にとっては契約の自由度が高く、迷惑な入居者は契約満了で退去してもらえるためメリットが大きいのですが入居者に敬遠されてしまって空室が続くようでは困るのであまり利用されないのが現状です。

 

この点を解消できるのが再契約を前提とした定期借家契約です。

家賃の滞納や迷惑行為がなければ再契約することをあらかじめ条件としておきます。

 

普通借家契約では契約を解除したくても借地借家法などで借主が保護されているためよほどの迷惑行為がないかぎり退去させることはできません。

 

定期借家契約であれば問題を起こした人とは再契約をしないことを選択できます。

悪質な入居者を防ぐことができるので住環境が良好に保たれます。

 

普通に暮らしてもらえれば再契約をしますと言っているのに難色を示す人は普通に暮らせない可能性があるということです。普通に暮らす自信のない人に入居してもらう必要はありません。

 

賃貸の隣人トラブルを気にする入居者は増えていますので再契約を前提とした定期借家契約は入居者にメリットを提供できるようになります。

 

・普通に生活してもらえれば再契約をする。

・定期借家契約にしているので悪質な入居者を防ぐことができる

 

この2点をしっかり訴求できれば定期借家契約でも入居率が下がることはありませんので有効に活用してみてはいかがでしょうか。