首都圏居住用賃貸物件の成約数、9ヵ月連続で減少 「アットホーム調べ」

不動産情報サービスのアットホーム(株)は2016年11月期の首都圏居住用賃貸物件の市場動向を発表しました。

 

同月の首都圏居住用賃貸物件の登録件数は23万2,746件(前年同月比8.5%減)。

1平方メートル当たりの登録賃料は、マンションが2,592円(同0.8%下落)、アパートが2,205円(同0.3%上昇)となりました。

 

1戸当たりの登録賃料は、マンションが8万9,500円(同1.6%下落)、アパートが5万9,400円(同0.7%下落)。

 

成約件数は、1万6,367件(同9.5%減)と9ヵ月連続の減少。

地域別では、東京23区7,180件(同11.6%減)、東京都下1,330件(同13.1%減)、神奈川県4,409件(同4.5%減)、埼玉県1,730件(同19.7%減)、千葉県1,718件(同2.9%増)と、千葉県のみが増加しました。

 

1平方メートル当たりの平均成約賃料は、マンションが2,579円(同0.7%下落)と2ヵ月連続で下落。

一方、アパートは2,194円(同1.0%上昇)と2ヵ月連続で上昇。

 

1戸当たりの平均成約賃料は、マンションが8万7,500円(同1.5%下落)と14ヵ月連続で下落。

アパートは6万2,100円(同0.6%上昇)と5ヵ月連続で上昇しました。