家賃減収、大家が提訴へ レオパレス21

家賃収入は10年間変わらない契約でアパートを建てたのに、6年後に減額されたとして、愛知県の男性(80)が22日、サブリース大手「レオパレス21」(東京都)を相手に、減額分の支払いを求める訴訟を名古屋地裁半田支部に起こす。同様の減額事案は全国で相次いでおり、少なくとも100人以上のオーナーが一斉提訴を検討している。 平成29年2月22日 朝日新聞デジタル

 

サブリースはもともとトラブルが多く発生しており、昨年の夏に国交省がサブリースは将来、家賃が減額される可能性があることを説明することを徹底するよう制度改正を行いました。

 

今回のケースは

同社は「30年間、賃料は減額しない」と説明

契約書に「賃料は当初10年間は不変」と明記

と家賃が減額するのを説明しないという話とは違うトラブルです。

 

経営難を理由に減額を求め業績の回復後も家賃は戻さなかったためトラブルに発展したようです。

 

レオパレス側は「家賃を増額した例もあるが、当物件は近隣の相場と比較しても妥当な家賃と考えている。」という経営難を理由に家賃を下げておきながら相場の話をするといった状態です。

 

同様に減額された会員100人以上も訴訟を検討しているとのことですから、訴訟は他にも起きそうです。

 

家賃は貸す側、借りる側が合意すれば変更できますので減額に合意してしまったオーナーが悪いという事になるのか今後の裁判の行方が注目されます。