不動産投資家の4割が失敗の経験

不動産投資情報サイト「健美家」の登録会員を対象に実施した「不動産投資に関する意識調査」によると不動産投資家の4割が失敗の経験があることが分かりました。

 

不動産投資で失敗したことがあるかという質問に、40.7%が「失敗あり」と回答。

 

その理由として「空室が埋まらなかった」(36.6%)、「修繕費や維持費の出費がかかりすぎた」(31.1%)、「相場より高く買ってしまった」(29.9%)が上位にあがりました。

 

現在の不動産投資市場については、「売り時」が54.8%、「買い時」は11.6%にとどまりました。

 

「売り時」と回答した理由は「価格の高騰」(85.2%)、「投資家の増加による需要増」(56.8%)、「低金利で融資が付きやすい」(48.4%)。

 

「買い時」と回答した理由は、「低金利だから」が64.2%でトップ、次いで、「オリンピック効果で、景気上昇・地価が上がると思うから」(37.2%)、「融資が通りやすいから」(22.6%)となりました。

 

2016年9月以降に物件を購入したかという問いには「購入した」が42.8%となり、前年同期比では6.7ポイント減少しました。

 

購入しなかった理由については、「希望する条件に合わなかった」(41.0%)、「価格面で折り合いがつかなかった」(37.5%)などが上位となっています。。

 

 

現在、収益物件を保有している人の割合は87.9%。

保有している物件の管理については、65.7%が「管理会社に依頼している」と回答し、その理由は「入居者の管理が面倒だから」(64.8%)、「時間がないから」(51.5%)、「建物の管理が面倒だから」(36.7%)などとなっています。

 

※データーは「不動産投資と収益物件の情報サイト 健美家」調べ