2033年の空家率は30%の見通し

野村総合研究所は既存住宅の除却や、住宅用途以外への有効活用が進まなければ、空家率は2023年には21.1%、2033年には30.4%へ、上昇する見込み」との予測を行なっています。

 

空家率の抑制策として、空家の除去、減築や住宅以外への転用、新築の制限などが考えられ、促進のためには政策的支援や民間事業者の創意工夫が必要と提言しています。